- Blog記事一覧 - 2018 4月の記事一覧

2018 4月の記事一覧

腰痛と食事の関係 腎臓編

2018.04.10 | Category: 未分類

これまで「腰痛と食事の関係 肝臓編「胃編」と、お話ししてきました。

今回は「腎臓」です。

腎臓も、肝臓と同様に、普段「痛い」や「だるい」と感じることは、ほとんどありませんよね。
腎臓も肝臓と同じように「沈黙の臓器」の類に入ります。

では、その腎臓は、いったいどんな働きをしているのか、なぜ、腎臓に負担をかけると、体の歪みや腰痛などの、痛みの原因を作ってしまうのでしょうか。

【腎臓の機能】

最初に、腎臓の働きを、簡単にあげていきたいと思います。

まず「水分と電解質の調節」があります。
体内に吸収された、水分や、電解質(ナトリウム、カリウム、リンなど)は、腎臓の中を、網の目のように通る血管から、余分なものは、尿とともに排出されます。
必要なものは、再び、体内に吸収されます。

そして「ホルモンの分泌」です。

腎臓からは、赤血球を作るのに必要なホルモンや、血圧を調節するためのホルモンも、分泌されます。

最後に「ビタミンの活性化」です。

骨を作るのに必要な、ビタミンD3を活性化させることにより、カルシウムの吸収を促進させます。

以上のように、腎臓の働きは、血液に関わることが多いですね。
体内の水分(血液)が、増えすぎても、減りすぎても、それを調節するのが、腎臓です。

【腎臓を疲労させてしまう食事】

では、どんな食事が、腎臓に負担をかけてしまうのでしょうか?

まず、食事に関して、注意しなくてはいけないのは、塩分の摂取量です。
そして、塩分だけでなく、糖分の摂取量も、気を付ける必要があります。

塩分同様、糖分が多くなりすぎても、腎臓に悪影響を及ぼすといわれています。
腎臓は、糖分を処理する役割も、持っているので、糖分を多く摂取してしまうと、腎臓の仕事量が増えてしまい、負担が大きくなってしまいます。

それでは、食事の内容も少し見ていきましょう。

○睡眠前の水分
寝る直前に、水分を、多くとりすぎてしまうと、体を休めるための、睡眠中に、
腎臓に仕事をさせなくてはならなくなります。

睡眠中は、内臓も休息時間です。
就寝直前の、水分摂取は、コップに軽く1杯くらいが、適切です。

○塩分の多い食べ物
コンビニグルメや、ファストフード、加工食品などは、塩分が多く使われていることがあります。
外食や、コンビニグルメを控えて、腎臓に負担がかからないように、調節しましょう。

○バナナ
手軽に食べれて、栄養も豊富、朝食やおやつに、ちょうどいい食べ物ですよね。
バナナには、カリウムが多く含まれ、塩分の元のナトリウムを排泄してくれますが、ナトリウム濃度が低くなりすぎると、体内の水分量も減ってしまいます。

結果、水分不足が起こることで、腎臓にも負担が大きくなるので、食べ過ぎには注意です。

○じゃがいも
バナナ同様、カリウムを多く含んでいて、塩分を排出しようとしますが、過多になりすぎると、腎臓への負担が予測されます。

もちろん、バナナと同様に、食べてはいけないということではないです。
ただ、食べ過ぎには注意ですよ。

○炭酸飲料
炭酸飲料は、塩分を含んでいるものも多いです。
また、塩分だけでなく、糖分をたくさん使っている、炭酸飲料も多いので、炭酸飲料が好きな方は、まず、飲む頻度、量を減らす様にしてみましょう。

他にも、生野菜や果物も、カリウムを多く含んでいるため、体の状態によっては、食べ過ぎにも注意が必要です。

【腎臓が腰痛の原因を作る】

こういった食事を続けていたり、量が多くなりすぎると腎臓に負担をかけてしまいます。
腎臓は、一番下の肋骨に隠れるように、配置されています。

食事や水分の摂取の仕方によって、疲労した腎臓は、後方へと移動してしまいます。
左右一対、違う高さに存在している腎臓が、それぞれ、後方へ移動してしまうと、背骨や骨盤が回転、捻れて構造的な異常を発生させます。

逆に、普段から、体を捻って生活をしている人は、自然と腎臓に負担をかけやすくなってしまいます。
骨盤が捻れてしまうと、周囲の筋肉も、緊張をおこしてしまい、結果、腰痛や、その他の痛みをつくってしまいます。

前回までのお話し同様、今感じている症状を作り出している原因は、必ず日常生活の中に、隠れています。

何が今の痛みを作ってしまっているのか、なぜ、そこが痛みを作っているのか、知っていただいて、その環境も一緒に変えていくことが、とても重要です。

食生活による、内臓への負担が、体の歪みや、腰痛などを引き起こす原因の一つとなることを、お話をしてきましたが、あなたは、いかがでしたか?

食事も、手軽で便利になったのは、よいことですが、それらが、体にも内臓にも、よいものだとは限りません。

何を食べるかを選択することは、自分の体をどうするのかという、選択にもなります。
普段、自分が何を食べているか、時々考えてみてくださいね。

それが、抱えている症状や、腰痛などの、体の痛みを改善、変化させる第一歩になっていきます。

腰痛と食事の関係 胃編

2018.04.09 | Category: 未分類

前回は「腰痛と食事の関係 肝臓編」でしたが、
今回は「胃」のお話しです。

【胃の働き】

胃の働きはもちろん「食べた物の消化」です。
よく「胃もたれで食欲が…」「胃の調子が悪い」など、耳にしますよね。

前回の肝臓は「沈黙の臓器」でしたが、胃は、肝臓と違って、反応が強く出ます。
そのため「少し調子が悪いのかな」と、胃腸薬などを飲むだけで、済ませてしまう方も、少なくないと思います。

以前、お話ししたように、体は、食べた物でしか、作られません。
質の良い食事は、体を健康にさせる為に、必須です。
食事をしなければならないのに、食欲が、なくなってしまうのは、なぜなのでしょうか?

それは、体からの、黄色信号です。
その黄色信号を、毎日のように感じる方、年中繰り返し感じる方は、胃にかかる負担が、強すぎるのかもしれません。

そして、肝臓と同様に、胃への負担も、腰痛や、その他の痛みの原因となってしまいます。

【胃を疲労させてしまう食事】

胃が原因で、体の痛みを引き起こすという事も、ざらに起こり得ます。
それでは、どんな食べ物が、胃に負担を、かけていくのか、みていきましょう。

○消化の悪い物
油が多い食べ物や、牛乳は、消化が悪いので、胃に負担をかけてしまいます。
不調を感じるときは、天ぷらやフライなど、揚げ物は避けましょう。

○消化しにくい炭水化物
冷やご飯やチャーハン、お寿司は、消化しづらいので、胃に負担を掛けてしまいます。
胃の調子が良くなるまで、これらは、ある程度、量を控えましょう。

○堅い野菜
キャベツの芯や、生のニンジン、大根などの硬い野菜や漬物などは、消化に時間がかかり、食物繊維も豊富なので、胃に負担を掛けてしまいます。

漬物のような、塩辛い食べ物は、胃の粘膜を刺激するので、胃痛をさらに強めてしまいます。

○刺激物
辛い食べ物やニンニク、梅干し、カフェインが含まれた飲み物は、胃に大きな刺激を与えてしまうので、胃の調子が更に悪化してしまいます。
好みのものであっても、胃の調子が悪い時は、控えましょう。

○甘い物
甘さは、胃の粘膜を刺激してしまい、胃に大きな負担を掛けてしまいます。
胃の調子を崩しやすい方は、甘いもの好きが多いとも言われている程です。
甘い物は、なるべく避けるようにしましょう。

○タバコやお酒
タバコやお酒は、胃に直接負担をかけてしまいます。
特に、胃が荒れている時には、更に大きな負担を掛けてしまいます。
お酒も胃にとっては、刺激物です。
お酒は絶対飲まないようにしましょう。

○カフェインが入った飲み物
カフェインは、胃に大きな負担を掛けてしまいます。
胃の調子が悪い時は、カフェインの摂取は控えましょう。

緑茶やコーヒー、紅茶などは、胃の調子が戻るまで、控えましょう。
栄養ドリンクや、エナジードリンクは、大量のカフェインが入っているため、あまり、おすすめできません。

以上のような食事を続けていると、特別なことをしていなくても、どんどん、胃に負担をかけて、疲労してしまいます。

【胃の状態が、腰痛の要因に】

胃が疲労してしまうと、どうなっていくのでしょうか?
胃は「みぞおち」と「へそ」の中間の高さにあります。

食べ過ぎや、消化しづらい物を食べ続けて、負担がかかると、胃の位置が、下がってしまいます。

胃が真っ直ぐ下がってしまうため、体の構造に、前後の問題を作ってしまいます。
この前後の問題は、骨盤から頸椎まで、歪みを作り、腰や背中の筋肉、腹筋群を緊張させ、腰痛や、その他の痛みの原因となっていきます。

また、猫背などの姿勢を、強く作ってしまい、恥骨や大腿部にも、負担をかけるので、腰痛だけでなく、膝にも影響を与え、膝の痛みも発生させます。

よく「腰も膝も痛くなるのは年齢だから」という方が、いらっしゃいます。
しかし、症状がある患部だけの問題ではなく、体の全体的な異常や、内臓への負担も全てが関わって、痛みを作る原因となってしまうのです。

症状は、普段の生活の中で、自分で引き起こしています。
普段通りに食事をしていても、好みの物ばかり食べていたりすると、いつかは疲労してしまいます。

少し、調子が悪いと感じる時は、胃に優しい食べ物を選んで、休ませてあげてくださいね。

腰痛と食事の関係 肝臓編

2018.04.08 | Category: 未分類

前回「腰痛と食事の関係」で、食べた物でしか、体は作られないと、お話をしました。

細かく、どんな物を食べると、体に影響が出ていくのかを、これから、何回かにわけて、説明していきます。
今回は、肝臓について、お話ししていきたいと思います。

【肝臓の機能】

まずは、肝臓の機能について、少し説明していきましょう。

1.栄養を取りこんで、体が使える状態にする。
よく、アルコールを肝臓で分解すると言いますが、これは、代謝機能に分類されます。
他にも、胃腸で、消化吸収された物質を、体で使えるエネルギーに、変換したりします。
そして、作ったエネルギーを、必要な時まで、蓄えておきます。

2.体にとって、有害な物質を、体外へ排出する。
食べ物や飲み物から、体内に入ってきた、栄養にならない、有害物質を、体内に残さぬよう、排泄させます。
これを、解毒作用といいます。

3.胆汁という、消化液を分泌させ、腸での、消化吸収を、手助けします。
肝臓は、食事で、得た栄養を、取り込んで、エネルギーとして、備蓄までしてくれる、働き屋さんなんです。

【肝臓を疲労させる食事】

そこで、本題の肝臓を、弱らせる食事を解説していきましょう。
肝臓に負担をかけてしまうものが主になります。

○食品添加物たっぷりの加工食品、菓子、ジャンク・ファーストフードなど
食事に入っている、添加物の分解・解毒を、肝臓が行います。
摂りすぎると、肝臓に、負担がかかります。

○脂がたっぷりのもの全て
揚げ物など、脂っこいものを、食べる量だけでなく、調理に使う、油の質が悪いと、肝臓にとって、負担となります。

○アルコール全般
一般的な、酒類だけでなく、栄養ドリンクなどにも、含まれています。

○薬やサプリメント
薬やサプリメントは、体調を整える作用もありますが、摂りすぎたりすると、肝臓に負担をかけてしまいます。
服用は、専門家の指導のもとにしましょう。

○タンパク質やビタミン類の摂り過ぎ
タンパク質やビタミンは、肝臓の働きに重要ですが、過剰なタンパク質やビタミン類は、
逆に、肝臓の仕事を増やしてしまい、疲れさせてしまいます。

食事をバランスよく摂っていれば、十分摂れている事が多いので、無理に増やす必要はありません。

○偏った食事
肝臓は、様々な栄養素を、必要としています。
偏った食事では、偏った栄養素しか摂取できないので、肝臓の仕事量を、増やし過ぎることがあります。

○濃すぎる味
濃すぎる塩分や糖分、酸味、苦味、辛味などは、体内のミネラルバランスを崩してしまいます。

バランスが崩れると、これらのバランスを、管理している肝臓に、負担がかかってしまいます。

○飲み過ぎ、食べ過ぎ
肝臓の仕事が増え過ぎてしまい、肝臓が疲労しやすくなります。

○夜遅い時間の食事
夜9時以降は、消化酵素である、胆汁の分泌が、されにくくなります。
胆汁が、分泌されない状態で、食べた物の消化吸収が行われると、腸内環境が悪化します。

腸内環境が、悪化すると、毒性物質が、体内に発生しやすくなりますので、解毒を担っている、肝臓の仕事量を、増やしてしまいます。

○食物繊維の不足
食物繊維は、腸内の、いらないものを、からめ取って、体外へ、排出してくれます。
食物繊維の不足は、肝臓に、負担をかけます。

以上のような食事で、肝臓に負担を、かけすぎてしまうと、肝臓そのものも、疲労で、硬くなっていってしまいます。
では、肝臓が硬くなってしまうと、体はどうなっていくのでしょうか?

【肝臓の状態が腰痛の原因を作る】

肝臓は「みぞおち」の右側、肋骨の下に、ほとんどの部分が、隠れています。
肝臓が硬くなってしまうことにより、右側の骨盤や背骨が歪み、構造的な異常となって、左右の問題を作って、筋肉を緊張させ、腰痛の原因となります。

また、骨盤だけでなく、右肩の位置が下がってしまい、首にも影響を及ぼしてしまいます。
結果、腰痛だけでなく、寝違いを発生させたり、慢性的な首や、肩こりの原因となっていきます。

肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、ちょっとやそっとの負担、疲労では自覚症状はありません。
もし、先程挙げた内容に多く、当てはまったり、何か突出して、該当する方は、今日から、生活を変えていきましょう!

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

待ち時間がなく、あなたの大切な時間を無駄にしません。
事前に日時を設定したうえで、ご来院いただきますので、すぐに施術を始められます。

大手口コミサイトの口コミランキングで地域で第1位に選ばれました。

当院に通ってくださる地域の皆さんのおかげです。

より多くの方のサポートができるようにこれからも頑張ります。

他の治療院、整骨院などで、隣合わせのベッドで、他のお客様がいて、気になって、話しにくいという経験はありませんか?
当院では、他のお客様がいない環境を整えていますので、あなたのお悩みにしっかりと向き合うことができます。

院長である私が、最初から最後まで、責任をもって、施術を担当します。
ご来院のたびにスタッフが変わることがありません。
同じ話の繰り返しになったり、技術がバラバラだったりすることも、ありません。

お着替えを用意していますので、服装を気にせず、ご来院いただけます。
もちろん、ご持参いただいても、かまいません。
動きやすい服装であれば、そのまま、施術できます。

すっきりと、落ち着いた空間で、安心できます。
院内は清潔を心掛けております。
季節などに応じたアロマの香りでリラックスできます。

閑静な住宅街にあり、静かな環境です。
神戸を代表するニュータウン、名谷にあり、私の地元でもあります。

散歩するには最適な、公園や、日常の買い物に便利な、食品スーパーが隣接しています。
名谷駅前には、ショッピングモールや、公共施設が集約されており、とても便利です。

平日はお忙しくて、なかなか来院できない方も大丈夫です。
当院は土日・祝日も営業しています。

お仕事で週末しかお時間のない方や、小さなお子様がいらっしゃるお母さんでも、旦那様にお子さんを預けて通院することができます。

・お仕事が忙しくて営業時間内に電話できない
・初めて行く整体院に電話するのは緊張してしまう
・仕事が終わってからじっくり整体院選びをして、その場で予約したい

という、あなたには最適です。

24時間いつでもご予約いただけますので、ぜひご利用ください。
※当日の対応は、タイミングによっては、できる場合もあります。
遠慮なく、お問合せくださいませ。

院長挨拶

こんにちは。
神戸落合メディカル整体代表の駒田泰彦と申します。
数ある治療院、整体院のホームページの中から当院を選んでいただき、ありがとうございます。

私がこの業界に進んだのは、視覚障害があることが大きいです。

しかし、その他の道を選ぶこともできました。選択肢の少ない中、鍼灸マッサージ師になることを決めました。社会貢献度が一番あるのでは?と考えたからです。
また、祖父母が鍼灸院を営んでいたことも影響しています。小学生のころ、寝違いを治してもらい、子供ながらにすごいと思いました。

2003年に鍼灸マッサージ師の国家資格を取り、治療院、整骨院、整形外科などに勤務して、鍼灸マッサージの仕事を続けました。
整体との出会いは、ストレッチ店が注目されていることを知ったのが最初です。
鍼灸マッサージしか知らなかった私は、それからいろいろな整体法を知り、視野が広がりました。

そして、行きついたのが「CORE(コア)整体」です。
しっかりとした理論が基礎にあり、安心して提供できます。CORE整体を取り入れてから、喜ばれる方が増えたという同業者からの声も多く、この整体法は私のライフワークとなりました。

あなたの笑顔のために、私はしっかりとあなたをサポートしていきます。
よろしくお願いいたします。

推薦する声

寺内 洋一先生

毎日の通勤、デスクワーク、家事で肩こりや腰痛にお悩みの方。
マッサージを受けてもその時だけですぐに症状が戻ってしまい、つらい毎日を過ごされている方には、神戸落合メディカル整体 駒田先生の施術をおススメします。

私も体調管理、メンテナンスで駒田先生の施術を受けていますが、痛い部分を事細かく聞いてくれ、どの体勢が一番つらいか、どこから痛みがきているのかの説明もわかりやすく丁寧にしてくれます。
身体にとって負担が少ない施術で、一番バランスの良い状態に変化し、施術後は身体の柔軟性がとてもよく感じる事ができます。

もしあなたが薬やシップ等に頼らず、快適な生活を送りたいと望んでいるのなら神戸落合メディカル整体に是非一度伺ってみてください。駒田先生は、必ずあなたのそのお悩みに真剣に向き合ってくれます。私は自信をもって強く推薦致します。

奥 正範先生

いくら、もんでも、ほぐしても身体が固まるばかり、という方、是非一度、駒田先生のところへ行ってみてください。

初回ご来院の流れ

施術料金について

通常初回7,000円(税込)

施術時間60〜70分

2回目以降30分 5,000円

※30分毎に、5000円(税込)、最大120分まで。

※「緩消法大学」会員は、割引あり。ご予約時に、お申し出ください。

※当院は、緩消法認定院ではございません。アカデミー会員割引はご利用いただけません。

アクセス情報

所在地

〒654-0151
兵庫県神戸市須磨区北落合3-38 北落合西住宅217号棟705号室

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

よくあるご質問

どのくらいの施術時間がかかりますか?
初回は90分程度、2回目以降は、60分程度です。
健康保険、自賠責保険は、使えますか?
整体は、保険適用外の施術となります。
健康保険・自賠責保険は、ご利用になれません。
高齢(あるいは、子供)なのですが、施術は可能ですか?
可能です。
優しいタッチの、整体ですので、お子様から、ご高齢の方まで、受けていただけます。