- Blog記事一覧 -猫背で、肩こりにも、腰痛にもなる

猫背で、肩こりにも、腰痛にもなる

2018.03.01 | Category: 未分類

姿勢が悪いといえば、ねこ背ですね。
猫背と聞いて思い浮かぶ症状といえば、首や肩のコリ、背中の痛みというところでしょう。

しかし、猫背は腰痛も引き起こします。
なぜ、腰痛も起こすのか?
対処法も合わせて説明します。

【ねこ背とは?】

私たちの日々の生活では、腕を身体の前方で使うことが多いです。
パソコンを使うことがほぼ当たり前になりましたし、スマホやタブレットを使用する機会も増えました。
家事や介護など、腕を身体の前方で使う作業は、挙げればきりがありません。

 腕を身体の前方で使うと、上半身が前に傾いてきます。
すると、身体を横から見たときに、本来身体のやや後方にある肩が前にせり出してきます。
この状態が習慣化すると、前屈みになるクセがついてしまいます。

肩はいつも、身体の前方にあるため、重力に引っ張られて、腕が前方に向かってぶら下がり、肩は前方の位置で固定されます。
この肩の格好を「まき肩」といいます。
背中は丸くなり、あごは上がります。

これでねこ背の完成です。
 こうなると、いつも首や肩、背中の筋肉が緊張している状態となります。
すると、血流が悪くなり、筋肉に十分な酸素や栄養がいきわたらなくなって、老廃物も出ていきにくくなります。

これがコリの原因です。
猫背になると、肩こりに悩まされることが多くなります。

【猫背がなぜ腰に影響?】

それは、ねこ背になると、骨盤(腰の骨)が後ろに傾くからです。
猫背では、あばら部分が前に倒れていますので、あばらにつながる背骨は後ろに丸くなり、その力が伝わって、骨盤が後ろに倒れるのです。

骨盤が後ろに倒れると、股関節の位置が、身体の横から見て、通常より前方に出てきます。
すると、バランスを取るために、膝は曲がります。
この格好は、ちょうどサルが立ち上がったときのような姿勢です。

こうなると、背中から腰にかけての筋肉がいつも緊張してしまい、腰痛を引き起こすことになります。
猫背が肩こりだけでなく、腰痛にもかかわってくることになります。

あごが上がり、背中は丸く、まき肩で、膝は前に出る…。
これではあちこち不調が出てきます。

【対処法は?】

 長期間にわたってついてしまったこのねこ背姿勢を解消するのに、いろいろ試されている方は少なからずいらっしゃるでしょう。
歩く、体操をする、ストレッチングする、ジムで身体を動かす。

まだまだあると思いますが、続かなかったり、継続しても効果がなかったりという方も多いのではないでしょうか?
 ねこ背を改善するには、もっと根源的な身体の使い方を知る必要があります。

犬や猫などのペットを飼っていらっしゃる方なら身近にその使い方を目にしていますよ。また、動物園やテレビなどで目にしたこともあるでしょう。
それは「背伸び」です。

そんなこと?と拍子抜けされた方もいらっしゃるでしょうが、この「背伸び」はすごく大事なのです。
動物たちは、睡眠から目覚めた時、いきなりは動き出しません。
大きく伸びをしてから動き出します。

野生動物は背伸びを本能的にやっています。
眠れば、身体は固まりますから、身体の動きは悪くなります。
それを放置するということは、動けない状態でいることになります。

野生の世界では、動けない=死につながります。
天敵にすぐ捕まりますよね。
なので、背伸びは生存本能でやっているわけです。

 人間はどうでしょう?
天敵がいなくなった我々は、本能的にやっていた背伸びをやらなくなってしまいました。
身体を丸めたまま活動することになって、不調が出やすくなっているのです。

ですから、起床時、長時間同じ姿勢で作業をしたときなど、必ずバンザイをしてしっかり背伸びするようにすると、身体が丸く固まりにくくなります。
この背伸びの習慣をつけていきながら、運動や体操をすると、効果的です。

私は患者さんに、この背伸びが基本の「き」であることをお伝えしています。
しっかり週刊がつくと、身体は変わってきます。
ぜひ、やってみてくださいね。


月別アーカイブ

カテゴリ一覧

院長挨拶

こんにちは。
Kストレッチ代表の駒田泰彦と申します。
数ある治療院、整体院のホームページの中から当院を選んでいただき、ありがとうございます。

私がこの業界に進んだのは、視覚障害があることが大きいです。

しかし、その他の道を選ぶこともできました。選択肢の少ない中、鍼灸マッサージ師になることを決めました。社会貢献度が一番あるのでは?と考えたからです。
また、祖父母が鍼灸院を営んでいたことも影響しています。小学生のころ、寝違いを治してもらい、子供ながらにすごいと思いました。

2003年に鍼灸マッサージ師の国家資格を取り、治療院、整骨院、整形外科などに勤務して、鍼灸マッサージの仕事を続けました。
整体との出会いは、ストレッチ店が注目されていることを知ったのが最初です。
鍼灸マッサージしか知らなかった私は、それからいろいろな整体法を知り、視野が広がりました。

そして、行きついたのが「CORE(コア)整体」です。
しっかりとした理論が基礎にあり、安心して提供できます。CORE整体を取り入れてから、喜ばれる方が増えたという同業者からの声も多く、この整体法は私のライフワークとなりました。

あなたの笑顔のために、私はしっかりとあなたをサポートしていきます。
よろしくお願いいたします。

推薦する声

寺内 洋一先生

毎日の通勤、デスクワーク、家事で肩こりや腰痛にお悩みの方。
マッサージを受けてもその時だけですぐに症状が戻ってしまい、つらい毎日を過ごされている方には、K−STRETCH駒田先生の施術をおススメします。

私も体調管理、メンテナンスで駒田先生の施術を受けていますが、痛い部分を事細かく聞いてくれ、どの体勢が一番つらいか、どこから痛みがきているのかの説明もわかりやすく丁寧にしてくれます。
身体にとって負担が少ない施術で、一番バランスの良い状態に変化し、施術後は身体の柔軟性がとてもよく感じる事ができます。

もしあなたが薬やシップ等に頼らず、快適な生活を送りたいと望んでいるのならK−STRETCHに是非一度伺ってみてください。駒田先生は、必ずあなたのそのお悩みに真剣に向き合ってくれます。私は自信をもって強く推薦致します。

奥 正範先生

いくら、もんでも、ほぐしても身体が固まるばかり、という方、是非一度、駒田先生のところへ行ってみてください。

0120-055-285へお電話ください。
施術中や、休業日は、留守電となりますので、メッセージを残してください。
後ほど、折り返しご連絡いたします。

必要事項をご入力ください。
2営業日以内に、ご連絡いたします。

お友だち登録をしていただくと、ご予約方法などを記載したメッセージが届きます。
お名前やご希望日時など、メッセージを送信してください。
後ほど、当院から、返信させていただきます。

当院の返金保証について

ここまで私の話しを聞いて、「本当に治るの?」「自分に合うのかわからない、、」と不安があるかもしれません。

一度は他の病院や接骨院などに通っても治らなかった、、、
そのような方はとくに不安があることでしょう。

そこで私は一人でも多くの方に私の施術を受けて頂き、いっこくも早く痛みから解放して欲しいという思いから以下のような保証をお付けしました!

もし初めてKストレッチ神戸トアロードにいらっしゃった方で「満足できない!」「理解できない!」という方は24時間以内に電話でご連絡ください。

施術費は全額返金いたします。

他の治療院と違い効果が実感できなければ施術費は全てお返しします。

効果のない施術であなたからお金を頂くわけにはいきません。

なぜこのような保証をつけるのか?

それは、私の14年にわたる経験から、つらい症状を改善できる自信があるからです。
実際、多くの方に喜んでいただいております。根本改善をしたい方は今すぐお電話ください。

当院を受診して頂くにあたり1つだけ条件があります。
どなたでも治療させて頂くわけではありません。ご理解下さい。

・私の指示を守れない方
・ご自身の健康のためにお金を使えない方
・一回でなんとかしてほしい方
・そもそも治すつもりのない方
・初めから返金目的の方
・すぐに平気で嘘をつく方
・無断キャンセルされる方


この条件を守れない方の治療はお断りしています。

しかし、逆に以下のような方は当院がお役にたてます。

・健康意識の高い方
・私のアドバイスを素直に聞いていただける方
・家でも生活習慣を改善しようと頑張れる方
・自分の体に時間とお金を投資できる方
・予約時間を守ることができる方


以上のことをお約束いただける方には、全力でサポートさせていただきます。

私は根本改善したい患者様のみを本気で治療しています!
お試し気分でのご来院は他の患者様のご迷惑となりますのでご遠慮下さい。
不安を解消したいあなたのご来院をお待ちしております。一緒に頑張っていきましょう!

施術料金について

初診料2,000円

初診の方は丁寧にカウンセリングするための時間をいただいております。
そのために設定している料金です。

施術料5,000円

2回目以降は施術料のみとなります。
当店では細かく分かれたコース設定はしておりません。
お客様それぞれに合った施術を行いますので、ご安心ください。

アクセス情報

所在地

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通3-1-15 シェンビル5F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休