- 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアで、お悩みのあなたへ

  • 腰痛で、デスクワークがつらい
  • 腰痛や下肢のしびれで、立ち仕事がつらい
  • 腰をかがめることができない
  • 病院で、薬と牽引療法を続けているが、効果がない
  • 病院で「手術しかない」と言われたが、手術はしたくない

当院は「腰椎椎間板ヘルニア」から「慢性腰痛」まで、腰や下肢の痛みに特化した整体院です。

オリジナルの検査法で痛みの原因をつきとめて、再発を防ぐ施術を行います。

今のつらさを根本改善したい方や、他院でよくならなかった方は、ぜひ一度、ご来院ください。

腰痛の原因として、よく取り上げられるのが、椎間板ヘルニアです。
腰痛で病院を受診して、医師から、腰痛の原因は、ヘルニアがあるからと言う、説明を受けた方も少なくないでしょう。

腰痛がなかなか改善せず、手術をすすめられる場合もあります。
そのような場合でも、当院の施術で、改善している例があります。

それはなぜなのか?というところを説明していきます。
あなたの腰椎椎間板ヘルニアの回復の助けになりたいと思っています。
このページにきっとお役に立てる情報がありますのでお読み頂けますと幸いです。

そもそも、腰椎椎間板ヘルニアとは、どんな症状なのか?

主に、腰痛と、片側の下肢の痛みが現れます。
重いものを持った時など、大きな負荷が身体にかかったときは、痛みが強くなります。
強い痛みが治まったあとも、下肢のしびれと痛みが続きます。

同じ姿勢を続けると、腰や臀部の痛みが出ます。
筋力の低下を起こして、つまずきやすくなることもあります。

歩けなくなるような麻痺や、尿が出にくいなどの症状が出ている場合は、早期に手術が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアになる本当の原因と、現代医学の考え方

一般に、腰椎椎間板ヘルニアの原因は、次のように考えられています。

椎間板は、背骨と背骨の間にあります。
その役割は、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりなどしたときの衝撃の吸収、背骨を前後左右にスムーズに曲げるのを助ける、などがあります。

椎間板は、あんパンのような構造をしていて、内部は、髄核という、ゼリー状の物質で満たされています。

椎間板は、柔らかいので、強い衝撃や、重いものを無理な姿勢で持つなどを繰り返すと、つぶれてしまうとされています。
加齢も一因であると考えられています。

ヘルニアとは「はみ出した」という状態を意味する言葉です。
「あん」にあたる髄核が後方(背中側)へはみ出して、神経を圧迫して、症状が出ると考えられています。

病院や一般的な整骨院・整体での対処法や施術

病院での治療法

つぶれてしまった椎間板を、元に戻すことはできません。
しかし、はみ出した部分は、免疫の作用で、3か月ほどで焼失することがわかっています。
現在は、ヘルニアが見つかったからといって、すぐに手術はしません。

経過を観察しながら、痛みを抑える薬を処方します。
同時に、腰を引っ張る牽引療法で様子をみます。

下肢の麻痺など危険な兆候が見られたときは、早期に手術が必要です。
痛みやしびれの改善がない場合も、手術が提案されます。
手術後は、症状を観察しながら、患者さん自身でできる体操や、ストレッチなどを指導して、リハビリを進めていきます。

一般的な整骨院や整体での対処法・施術

整骨院や、整体院では、実に様々な施術法が採用されています。
そのため、症状へのアプローチや、健康に対する考え方も様々です。

ここでは、一般的によくある施術の流れをご紹介します。

一般的な整骨院

簡単に症状の聞き取りをしたあと、実際の施術に入ります。
機械と手技の組み合わせが多いです。

機械は、電気の刺激で、筋肉を緩めたり、温めたりするものを使用します。
手技は、症状の出ている部分への、マッサージや、ストレッチを行うところが多いです。

一般的な整体院

症状の聞き取りや検査は、症状のある部分に注目して、行われます。
痛みの程度や、どんな動きで痛みが出るかを確認します。

施術では、症状の出ている部分を中心に、揉みほぐしたり、脚を引っ張ったり、動かすようなことを行います。


整骨院、整体院ともに、病院ではないので、薬が処方されたり、手術をしたりといったことは、ありません。
手技と、それを補う治療機器を用いて施術していきます。

当院で行う、腰椎椎間板ヘルニアへの施術

当院が考える、腰痛の原因は、椎間板ヘルニアではなく、筋肉の血流障害による酸素欠乏です。
筋肉が酸素欠乏を起こすと、硬くなってしまい、うまく伸び縮みできなくなります。
この状態を神経が察知して、痛みやしびれという信号を出して、異常を知らせてくれているのです。

腰痛の原因を筋肉の酸素欠乏とする根拠を、以下から説明していきます。

ヘルニアの画像診断と症状が一致しないという海外の研究がある

MRIやCTなどの画像診断が普及したことで、背骨の異常も、容易にみつかるようになりました。

そのおかげで、臨床研究も進歩して、腰痛の真実が見えてきています。

ブースらによる研究(1995年発表)

腰痛を訴えて、椎間板ヘルニアと診断された患者46名と、腰痛のない健康な人46名に対して、腰部のMRIを撮影しました。

その画像からわかったのは、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性がみられたのです。
この研究は、背骨の異常と、症状の有無は関係ないと指摘している点が画期的です。

ヘルニアの原因は、身体の負荷とは関係がないという報告がある

バッティらによる研究(1995年発表)

物理的因子(仕事や生活習慣など)が一致しない、男性の一卵性双生児(ふたご)115組を対象にして、詳細なアンケートとMRI撮影をしました。

その結果、椎間板変性は、遺伝的因子の影響を強く受けていることがわかったのです。
その影響は、仕事やレジャーによる身体的負担、車の運転、喫煙習慣
よりも強いとしています。

工場のラインの仕事、肉体労働一般、車の運転など、職業からくる身体の負担は、椎間板変性の主な原因ではない、ということです。

10代から椎間板の変性は始まる、という報告がある

ブースらによる研究(2002年発表)

腰痛疾患のなかった胎児~88歳までの死体解剖例(54体)と、腰痛疾患を持つ14歳~68歳までの椎間板摘出例(23名)を対象に、20,250枚におよぶ腰部椎間板の組織標本を作製。

どちらの標本か知らない第三者の手によって顕微鏡で詳しく分析しました。
その結果、3歳~10歳で、椎間板への血液供給量が減少し始めるとともに、軟骨終板にも亀裂が認められました。

11歳~16歳では、線維輪の亀裂や断裂といった、椎間板構造の崩壊が認められたのです。

子供にも、まれに腰痛がみられますが、ヘルニアがあるとは限りません。
また、重篤な病気のサインであることもありますので、注意は必要ですが、ヘルニア化どうかの問題ではないことになります。

加齢のみで、椎間板が変性するのではない、ということもいえるのです。


以上、3つの研究は、いずれも、腰痛分野のノーベル賞といわれる、ボルボ賞を受賞しています。
ボルボとは、自動車メーカーの「VOLVO」のことです。

実際、当院にも、症状があっても、ヘルニアなどの、背骨の異常がないという方は、よくいらっしゃいます。

同じような研究報告は、多数ありますが、国内の医療現場には、あまり浸透していない現状があります。
Kストレッチでは、最新の考え方にもとづいて、腰痛の原因をとらえています。

ヘルニアと、腰痛は関係がないことは、説明した通りです。
ヘルニアがあることと、腰痛は、別々の問題であることを認識していただくのが、腰痛改善への第一歩です。

薬や湿布で、腰痛は、根本改善できません

鎮痛薬は、急性の炎症を抑えるのが、目的です。
慢性的な痛みには、あまり効果がありません。

薬を10日間くらい使用して、痛みが改善し、その後の生活に支障がない場合は、よいのですが、3か月以上、痛みが続くと、筋肉が、酸素欠乏の状態になっている可能性が高いです。

当院では、生活習慣をしっかりと把握するために、カウンセリングを重視しています。
病院や他の整体院、整骨院で、しっかりとカウンセリングを受けましたか?

痛みの場所や程度、痛みの出る動きのチェックも大切ですが、それだけでは、生活習慣の改善にはつながりません。
当院では、根本改善を目指すため、しっかりとあなたに向き合います。

オリジナルの検査法と施術で症状を改善

病院では、画像診断に重点をおいています。
しかし、画像で判明した異常と、症状は必ずしも一致しないことは説明しました。

また、一般的な整体院や整骨院では、神経が圧迫されているという前提で、身体を検査・施術するところも少なくありません。
これで、改善されていればよいと思います。

神経の圧迫が原因と言う前提で施術効果が出るのは、神経の圧迫が取れたのではなく、原因となっている筋肉の血流が回復したからだと考えられます。

Kストレッチでは、血流障害を起こしている筋肉を探っていきます。
身体を漸進的にみて、どこから影響を受けて、今の症状が出ているのかを明らかにしていきます。

当院の検査法は、身体の一部を少し動かします。
身体への負担は、ほとんどありません。

検査が終わった時点で、8割の方が、身体に何らかの変化を感じます。
変化を感じなくても、ご安心ください。
すでに原因が明確になっているので、適切な施術ができます。

他では改善しなかった痛み・しびれを改善するTMS理論とは?

当院が、腰痛や下肢の痛み・しびれの原因を、筋肉の酸素欠乏としている根拠が、TMS理論です。

TMS理論のTMSとは、Tension Myositis Syndromeの略で、緊張性筋炎症候群といいます。
1984年に、ニューヨーク医科大学のジョン・E・サーノ博士が発表した理論です。

緊張とは、心の問題のことです。
サーノ博士は、表面的なストレスではなく、抑圧された怒りの感情が、痛みをつくると説明しました。

筋炎とは、筋肉の炎症ではなく、筋肉の生理的な変化を指します。
抑圧されたストレスが、自律神経に影響し、交感神経を刺激して、末梢の血流障害から、筋肉の酸素欠乏を起こします。
これを、神経が察知して、痛みとして現れます。

TMS理論の優れたところは、患者さんに、痛みについての正しい理解をしていただくことで、痛みに対する恐怖心を和らげることができることです。

当院では、このTMS理論に基づいて、痛みの説明をすることで、患者さんに安心していただき、症状の早期改善に役立っています。

TMS理論では、痛みの原因の全ては、ストレスであるとし、心理的なアプローチ以外は、否定しています。
しかし、これは極端な考えでもあります。
発表から、30年以上経過して、再考も必要になってきています。

心理的なストレスは、身体の不調の要員となりますが、それ以外にも、様々なことが、身体に影響します。

同じ動きの繰り返しで、身体のある部分に、負担が集中したり、長年の体の使い方のクセから、身体の歪みが生じたりしても、筋肉は、TMSの状態になると考えています。

疲労の蓄積や、身体の歪みは、整体によって改善が可能です。
酸素欠乏を起こした筋肉も、正常化することができます。

Kストレッチでは、カウンセリングと検査をきちんと行うことと、筋肉を正常化する整体法で、腰痛を改善することができるのです。


院長挨拶

こんにちは。
Kストレッチ代表の駒田泰彦と申します。
数ある治療院、整体院のホームページの中から当院を選んでいただき、ありがとうございます。

私がこの業界に進んだのは、視覚障害があることが大きいです。

しかし、その他の道を選ぶこともできました。選択肢の少ない中、鍼灸マッサージ師になることを決めました。社会貢献度が一番あるのでは?と考えたからです。
また、祖父母が鍼灸院を営んでいたことも影響しています。小学生のころ、寝違いを治してもらい、子供ながらにすごいと思いました。

2003年に鍼灸マッサージ師の国家資格を取り、治療院、整骨院、整形外科などに勤務して、鍼灸マッサージの仕事を続けました。
整体との出会いは、ストレッチ店が注目されていることを知ったのが最初です。
鍼灸マッサージしか知らなかった私は、それからいろいろな整体法を知り、視野が広がりました。

そして、行きついたのが「CORE(コア)整体」です。
しっかりとした理論が基礎にあり、安心して提供できます。CORE整体を取り入れてから、喜ばれる方が増えたという同業者からの声も多く、この整体法は私のライフワークとなりました。

あなたの笑顔のために、私はしっかりとあなたをサポートしていきます。
よろしくお願いいたします。

推薦する声

寺内 洋一先生

毎日の通勤、デスクワーク、家事で肩こりや腰痛にお悩みの方。
マッサージを受けてもその時だけですぐに症状が戻ってしまい、つらい毎日を過ごされている方には、K−STRETCH駒田先生の施術をおススメします。

私も体調管理、メンテナンスで駒田先生の施術を受けていますが、痛い部分を事細かく聞いてくれ、どの体勢が一番つらいか、どこから痛みがきているのかの説明もわかりやすく丁寧にしてくれます。
身体にとって負担が少ない施術で、一番バランスの良い状態に変化し、施術後は身体の柔軟性がとてもよく感じる事ができます。

もしあなたが薬やシップ等に頼らず、快適な生活を送りたいと望んでいるのならK−STRETCHに是非一度伺ってみてください。駒田先生は、必ずあなたのそのお悩みに真剣に向き合ってくれます。私は自信をもって強く推薦致します。

奥 正範先生

いくら、もんでも、ほぐしても身体が固まるばかり、という方、是非一度、駒田先生のところへ行ってみてください。

0120-055-285へお電話ください。
施術中や、休業日は、留守電となりますので、メッセージを残してください。
後ほど、折り返しご連絡いたします。

必要事項をご入力ください。
2営業日以内に、ご連絡いたします。

お友だち登録をしていただくと、ご予約方法などを記載したメッセージが届きます。
お名前やご希望日時など、メッセージを送信してください。
後ほど、当院から、返信させていただきます。

当院の返金保証について

ここまで私の話しを聞いて、「本当に治るの?」「自分に合うのかわからない、、」と不安があるかもしれません。

一度は他の病院や接骨院などに通っても治らなかった、、、
そのような方はとくに不安があることでしょう。

そこで私は一人でも多くの方に私の施術を受けて頂き、いっこくも早く痛みから解放して欲しいという思いから以下のような保証をお付けしました!

もし初めてKストレッチ神戸トアロードにいらっしゃった方で「満足できない!」「理解できない!」という方は24時間以内に電話でご連絡ください。

施術費は全額返金いたします。

他の治療院と違い効果が実感できなければ施術費は全てお返しします。

効果のない施術であなたからお金を頂くわけにはいきません。

なぜこのような保証をつけるのか?

それは、私の14年にわたる経験から、つらい症状を改善できる自信があるからです。
実際、多くの方に喜んでいただいております。根本改善をしたい方は今すぐお電話ください。

当院を受診して頂くにあたり1つだけ条件があります。
どなたでも治療させて頂くわけではありません。ご理解下さい。

・私の指示を守れない方
・ご自身の健康のためにお金を使えない方
・一回でなんとかしてほしい方
・そもそも治すつもりのない方
・初めから返金目的の方
・すぐに平気で嘘をつく方
・無断キャンセルされる方


この条件を守れない方の治療はお断りしています。

しかし、逆に以下のような方は当院がお役にたてます。

・健康意識の高い方
・私のアドバイスを素直に聞いていただける方
・家でも生活習慣を改善しようと頑張れる方
・自分の体に時間とお金を投資できる方
・予約時間を守ることができる方


以上のことをお約束いただける方には、全力でサポートさせていただきます。

私は根本改善したい患者様のみを本気で治療しています!
お試し気分でのご来院は他の患者様のご迷惑となりますのでご遠慮下さい。
不安を解消したいあなたのご来院をお待ちしております。一緒に頑張っていきましょう!

施術料金について

初診料2,000円

初診の方は丁寧にカウンセリングするための時間をいただいております。
そのために設定している料金です。

施術料5,000円

2回目以降は施術料のみとなります。
当店では細かく分かれたコース設定はしておりません。
お客様それぞれに合った施術を行いますので、ご安心ください。

アクセス情報

所在地

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通3-1-15 シェンビル5F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休